新着情報

2020年アーリントンカップ予想!!




アーリントンカップを予想します。

阪神1,600m芝の12頭のレース。

阪神1,600m芝は、内枠有利の傾向、直線は長いため脚足が勝負となるだろう。

2018年~のデータを見てみると、、、(下の図)

2018年からの本レースについて、枠順の連帯率が内枠27%・中枠36%・外枠37%と打ち合わくがやや劣勢。

最後の直線に良い位置がとれるかが重要となるのだろう。

馬の特性は、逃げ馬17%・先団30%・中団25%・後団28%と逃げ馬が勝ち切ることはほぼ難しいといっていいだろう。

中団・後団馬は外枠が圧倒時に成績がよく、内枠が成績が悪い。内枠でもまれ、最後の直線で大外、もしくは内側の馬郡をすり抜けて伸びるしかないから成績が悪い。

騎手の本コースでの相性は、浜田ジョッキーが連帯数11回・連帯率26.8%と共に1番高い。

 

【レース展開】

逃げ馬・先行馬が多く、ハイペースになりやすいが、天候も悪いので後続馬が最後に差し切るのは難しいと思う。。

②デュードヴァンがハナに立ってレースを通っていく展開になるだろう。

芝ではあるが、前の馬の走りしぶきをいかに食らわないで走れる位置取りができるかがカギとなるだろう。

【予想】

正直、今回のレースは上位拮抗といってよいだろう。

その中でも頭一つ抜けているのは⑥タイセイビジョン。

この馬を軸に馬券を購入したい。

★買い目:3連複1頭軸5頭流し

軸:⑥タイセイビジョン

流し:

②デュードヴァン

④トリプルエース

⑦ボンオムトウック

⑨プリンスリタン

⑩ギルデッドミラー

 

AI予想