新着情報

2020年第80回 皐月賞(G1)予想&AI予想しました!!




第80回皐月賞を予想します!!

中山2,000m芝の18頭の多頭数レース。

中山2,000m芝は、2度の坂越えでスローペースになりやすく、先行馬有利、大外枠不利。

2018年~のデータを見てみると、、、(下の図)

2018年からの本レースについて、枠順の連帯率が内枠29%・中枠39%・外枠32%と内枠がやや劣勢。

馬の特性は、逃げ馬14%・先団28%・中団27%・後団31%と逃げ馬が勝ち切ることはほぼ難しく、後続馬が良い結果を出している。

距離が長いレースなので、途中に馬群に揉まれず、折り合って走って、最後の直線でどれだけ爆発できるのかといったレース。

 

騎手の本コースでの相性は、ルメールジョッキーが連帯数11回・連帯率57.99%と驚異的な結果を出している。。

 

【レース展開】

逃げ馬・先行馬が多く、ハイペースな展開になるのではないかと思う。

末脚を持っている馬も多くいるので最後の直線勝負となる。

④⑭がハナに立って、その後ろに実力馬たちがついていく展開になるだろう。

【予想】

多頭数のレースなので最初のスタートと直線でのポジション取りが、レースの折り合いにつながる。

先団馬で内枠を取れた①コントレイルは良かったのかなと思う。

①コントレイルに合わせてレースを進められる⑦サリオス。も良い枠順。

この2頭は運・実力・実績共に抜けているかと。

あとは実力的には⑫マイラプソディ、⑰ヴェルトライゼンデ

⑪クリスタルブラックは負けなしなので絡めていきたいかな。

 

★買い目:3連複5頭ボックス

①コントレイル

⑦サリオス

⑪クリスタルブラック

⑫マイラプソディ

⑰ヴェルトライゼンデ

 

AI予想